新しい研究室

今日は内覧でした。↓こんな感じの景色です。

 

卒業

更新遅くなりましたが,M2が3名,B4が7名巣立って行きました(うち3名は進学)。いつでも遊びに来て下さい。

 

ピザ祭

照明学会東京支部の技術セミナーでした。参加したメンバーでピザ祭。

卒研発表会

今年は7名の発表でした。恒例の投票の結果,進学予定の3名が1, 2, 3フィニッシュでした。副賞はステーキと大トロ・中トロ・赤身の高級寿司。来年のメンバーも頑張りましょう。

卒研報告会

一昨日にB3の自己紹介LT兼新年会をやったのですが撮り忘れました。

今日はB4の報告会です。

無限cheezaの筈が全部食われました

Micro-CAPの意外(?)な使い方

4年次設置の電子回路CADで使っているMicro-CAPですが,他のSPICE系回路シミュレータには(たぶん)無いDynamic AC解析機能があります。

こんな感じです。簡単に言うと電気回路理論の問題が解けます。

青い四角形が複素電流で最初の数字が大きさ,カンマの後の数字が偏角です。これは相互インダクタンスの回路で下がT型等価回路へ変換した回路で,同じ枝電流になっています。で,ピンクの楕円の方が複素電圧です。グランドの位置を変えているのは節点電圧法で解いた場合の電位を出すためです。電圧と電流は直角座標系での表示も出来ます。

  • 電源はVoltage SourceのSineを使いAC解析の方に実効値を入れて初期位相はdegree
  • 計算が楽なのでω=1000として扱う
    • Lの値はインピーダンス表記から1/1000
    • Cの値はインピーダンス表記の逆数の1/1000
    • Analysis-Dynamic ACで出てくるダイヤログで周波数を1000/6.28
  • 相互インダクタンスはAnalog Primitives-Passive ComponentsのKを使う(磁気結合)
    • k=M/√(L1・L2)でkを決める

という感じで演習の解答の確認にも使ってます。

ちなみにMicro-CAP 11は評価版を制限付きですが使えます。日本語のマニュアルとUIが欲しい人はCQ出版のMicro-CAP 9を買いましょう。

Oculus

新しいやつが来ました。

新しい研究室で全員これ被って仮想空間を広く使うのも悪くない。

Powered by Wordpress, Redesign Theme by Tioreo